コンセプト

お客様に快適な住まいで心地良く生活していただくために
砂原建築企画では5つの家づくりのコンセプトを設けています。

1.敷地を読み、風を読み、太陽の恵みを活かす 自然と共生する住まい

砂原建築企画の建物は一つとして同じ家はありません。

それは太陽との関係、風の性質、近隣の建物との関係等、敷地によって条件は様々で必ずその敷地とお客様にあった、世界にたった一つの家があると考えているからです。

敷地の形状を読み、風の性質を調査し、各季節の日の出、日の入りを考慮しながらお客様と一緒に家を造りあげていきます。

 

2.自然素材、地域材を効果的に活かす住まい

快適な室内空間を保つために、自然素材を多く使用することを推奨しています。
からだに優しい自然素材は、カビ・アレルギー・シックハウスを防ぎます。さらに石油化学製品は時間が経つと劣化しますが、木材等の自然素材は美しい経年変化を遂げます。

長いスパンで考えれば、自然素材を使うほうが、家にかけるお金は少ないでしょう。また、鳥取県産材を活用することで地産地消を活性化させ、地域にも貢献しています。
県産材を活用することでお客様にも、補助金を受けれたり、住宅ローンの優遇制度等のメリットがございますので、積極的に推奨させていただいております。

 

3.昔ながらの家の利点、現代の家の利点を調和させ活かす住まい

「家の作りやうは、夏を旨とすべし」 吉田兼好が徒然草で綴った一節です。昔の家は、夏を気持ちよく過ごす知恵がたくさん散りばめられています。

大きな土間を設け風通しを良くし、打ち水で「涼」を得たり、深い軒や庇で、夏の日差しを遮り、心地良い空間を造り出します。

敷地の南側に落葉樹を植え、夏場は爽やかな木陰をつくりだす等自然と正しく向き合った昔の家は、学ぶものが多くあります。

伝統の知恵を現代に合うように、引用していき、それに現代の技術例えば、高断熱・高気密の断熱工法をはじめ、自然のエネルギーを活用する

ソーラーシステム・冷暖房機器等を加え、快適な住まいの実現を目指します。
冬暖かく、夏涼しい 次世代ソーラーシステム『そよ風』

 

4.思い出に残る家づくり

一生に一度あるかないかの、大切なご計画です。家族の思い出に残る、楽しくて有意義な時間を過ごしていただきたい。

そのために、最初のヒアリングや打合せはご家族の皆様に参加していただくようにおすすめしています。ご家族皆様のご要望を真摯に受け止め、家づくりに反映させていただきます。

また、永く住んでいく家の中にも、なにかしら記念となるものを残していただければと思います。大切な住まいをさらに愛し、育んでいただけるように努めています。

 

5.安心・安全で長く住み継げる住まい

ご家族が仲良く住み続け・親から子へ受け継げる住まいづくりのために、

  • ・耐久性に優れた維持保全の容易な材料の選定
  • ・設備の点検・清掃・補修が容易に行える工夫
  • ・将来のライフスタイルの変化に対応できる住まい→「木造ドミノ住宅」
  • ・耐震性に優れた構造+制震装置SSダンパーをおすすめいたします→『SSダンパー』
  • ・省エネルギー化で光熱費の削減

以上に配慮した住まいづくりをご提供いたします。